Amazon野球/ZETT 728×90

小学生の股関節の硬さと昨今のトイレ事情の相関関係について

シェアしていただけるとうれしいです

内野の守備

少年野球に限らずなんだけれども、内野ゴロは、ボールが転がってくる正面までダッシュし、ボールが近づいてくるとスピードを少し緩め歩幅を合わせ、両足を肩幅よりも少し広い目に開き、左足に少し体重をかけ、おしりを落とし、体よりも前にグローブを差し出して、バウンドの低いところでボールをキャッチし、そのままファースト方向へステップしてボールを投げる。

あくまでも基本なので、プロ野球の守備を見ていると必ずしもそうではないけれども、野球をはじめて間もない小学生たちには基本をしっかりと身につけてほしいから、そういうふうに指導する。

ボールの正面までダッシュするのは、のんびり構えていると打者走者との競争に負けて、ファーストでアウトにできないから。

ボールが近づいてくると少しスピードを緩めるのは、ダッシュしたままだと次の動作に移りにくいから。

両足を肩幅よりも少し広い目に開き、左足に体重をかけるのは、捕球後にファースト方向にそのままステップしやすいため。

おしりを落とすのは、立ったままの姿勢だと転がってくるボールを取りにくいし、トンネルするおそれがあるから。

体よりも前にグローブを差し出すのは、姿勢と目線を前に向けるため。グローブが体の真下にあるとどうしても姿勢が寝てしまい、バウンドを合わせたり、視野が狭くてイレギュラーに対応しにくい。

ボールのバウンドが低いところ、つまり、ボールが落ちてくるところ、バウンドしてすぐ(ショートバウンド)でボールをキャッチするのは、低いところのボールの速度が一番遅くて取りやすいから。バウンドの高いところはボールの速度が速くて取りにくいし、軟球は思ったよりも跳ねるので、背が小さい小学生はバンザイしやすい。

単に内野ゴロを取るだけでも、結構色々なポイントがあって、低学年のうちから身につけさせておかないと、高学年になってから苦労することになる。

この中でも重要なのが、しっかりと足を開いておしりを落とすということ。ボールのキャッチと次のスローイングのためのステップの準備なので、一連の動作の中でも重要なポイントになる。

ところが、この「足を開いておしりを落とす」という動作が出来ない子が意外に多いのだ。

スポンサーリンク

少年野球の内野の守備股と関節の硬さ

この「足を開いておしりを落とす」という動作、相撲の「しこ」に似ているんだけれども、野球の場合は何秒も何分もしているわけではない。ほんの数秒、一瞬のうちにその動作は終わってしまうのだ。

できない子に、「足を開いてそのままおしりを落としてごらん?」と言ってやらせると、おしりを落とすと、膝が閉じてしまったり、膝を開かせると足が閉じてしまったりする。

片足で立って、膝を上げて、上げた足をそのまま体の横に開かせてもそれができない。柔軟体操で座って開脚して前屈もできない。

そもそも、あぐらも組めなかったりする。

おそらく、股関節が硬いのだと思う。股関節が硬くて可動域が狭いために、「足を開いておしりを落とす」という動作ができないのだ。

生活様式の変化

トイレ

最近の子どもたちは、といっても、最近の若い人もそうかもしれないけど、生まれてからこの方、和式のトイレで用を足したことがないひとが多いのではないだろうか?

和式のトイレで用を足す、その格好がまさに内野の守備でゴロをキャッチする姿勢なのだ。

洋式のトイレでしか用を足したことのない人には和式のトイレで用を足す時の苦痛がわからないだろうが、あの苦痛こそが一流の内野手への早道なのかもしれない。

かくいうぼくの息子たちも、和式のトイレで用を足した経験は少ないと思う。

子どもたちが小さい頃、行楽地へ行った時に「パパうんこ」って言うからトイレへ連れて行った。トイレには和式しかなく、「う~ん、できないよう」ってべそを書くから、子どもの前で両手を握ってしゃがませて、後ろへ転けないようにして用をたたせたことがある。家にも保育園にも洋式トイレしかないのだから仕方がないのだけれども。

野球の内野の守備の限らず、歩いたり、走ったりするにも股関節を使う。これからの日本を担う小学生の股関節が硬くて、日本の将来は大丈夫なのだろうか?って、心配になっちゃうね。

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

スポンサーリンク