Amazon野球/ZETT 728×90

少年野球のお悩み、まとめてお答えします[勝手に相談室]

シェアしていただけるとうれしいです

野球
日々、様々な検索キーワードでブログに訪れる迷える人たち。キーワードに秘められた思いを勝手に掘り下げ、妄想し、お悩みに回答します。
名付けて「勝手に相談室」。

少年軟式野球を始めるにあたって、また、少年軟式野球チームに在籍していて、様々な悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。今回は、そういった少年野球のお悩みついて、まとめてお答えしたいと思います。

ここでは、学童(小学生)のことについて記載します。

もくじ

スポンサーリンク

道具について

野球を始めるにあたって、どんな道具を揃えればいいの?チームに入るときには何を揃えればいいの?道具はどのようなものがいいの?

小学校 野球 始める 必要な物

まずは、バットとグローブ。お父さんに野球を教えてもらうなら、軟式のボールで「C球」といわれるもの。ボールがないとキャッチボールもできないもんね。

小学校の1年生、2年生くらいなら、グローブは合成皮革のものでもいいと思います。安いですし、柔らかいから握力のない小さな子どもでも、楽に使えます。せっかくいいグローブを買っても、嫌になってやめちゃったらもったいないですしね。3年生くらいになったら、牛皮のグローブを買えばいいと思いますよ。

少年軟式野球 準備するもの

先ほどと同じ、まずはグローブ。学童用の内野手用がいいと思います。内野も守れるし、外野も守れるし、ピッチャーもできます。

バットはチームに入ってからでも遅くはないと思います。買うまでの間はチームメートのバットを借りていればいいでしょう。監督やコーチにアドバイスしてもらって、最適なバットを選んだらいいです。

あとは、チームによって異なります。

スパイクは、チームでメーカーは異なってもいいですが、同色、ラインの色も同じ色にしなければなりません。

ユニフォームはチーム指定のもの。練習着も別に必要なことがあります。それと、アンダーシャツもチームで同色にしなければなりません。ストッキングも同じです。もちろん、帽子もチーム指定ですね。靴下はスポーツ用品店に行けば、3足1000円位で売っています。

ヘルメットはチームのものを使うことが多いですが、チームによっては個人負担の場合があります。

少年軟式野球グローブおすすめ

少年軟式野球用のグローブは、内野手用、外野手用、オールラウンド、ピッチャー用などがありますが、内野手用でいいと思います。内野手用のグローブであれば、内野も外野もピッチャーもできます。グローブに関してはこちらの記事に詳しく書きました。

少年野球、ピッチャーグローブが必要かどうか?[勝手に相談室]
少年野球、ピッチャーグローブが必要かどうか?[勝手に相談室]
小学生になって野球を始めるときに悩ましいのが、グローブの選択。スポーツ用品店に行くと様々なグローブが置いてあって、選ぶのに困ってしまいます。

少年野球のグローブはカラフルでもいいのか?

少年軟式野球のグローブは、様々な色のものが売られています。女の子用にピンク色のものまであったりします。どんな色のものでも構いません。カラフルなグローブを使っているからといって、叱られることはないと思いますw

ただし、ピッチャーに関しては規定がありますので、下の項目をご覧ください。

少年野球 投手 グローブ 規定
少年野球 グローブ 縫い目 色
少年野球 ピッチャー ツートーングローブ
少年野球 ピッチャー用グローブ

少年野球に限らずですが、野球の投手のグローブには規定があって、使えないグローブがあります。規定では、

  • 本体、縫い目も含めて、単色であること
  • 白、灰色でないこと

と決められています。逆に言えば、単色で、白・灰色以外の内野手用のグローブを買っておけば、内野手も外野手もピッチャーもできる、ということになります。

少年野球 投手用グローブ必要性
少年野球 投手グローブいらない

上記の理由から、少年軟式野球では投手用のグローブは必要ないと思っています。少年軟式野球の投手用のグローブは、コシが柔らかいものが多く、内野のきついゴロを捕るにはちょっとつらいものがあります。投手用のグローブは、グローブの中でボールやボールの握り方が見えないように網目がありませんが、そもそも小学生は変化球禁止ですからw
握り方が見えても問題無いですし。

少年野球 ファーストミット 必要

小学校の5年生くらいになってくると、ファーストミットを使う子がちらほら出てきます。でも、6年生になっても普通のグローブを使っている子も多いです。必要か、必要でないかといえば、必要ないかもしれません。チームで用意しているものがあればそれを使ってみて、必要性を感じたら購入すればいいかもしれませんね。

ただ、ぼくがいたチームでは、ファーストミットを買ったり、キャッチャーミットを買うと、そのポジションから外れる、というジンクスがありましたがw

少年野球使用禁止道具

学童では、金属の爪のスパイクは禁止されています。また、バット、ヘルメット、キャッチャーの防具は、「JSBB」のマークが入っていないものは使えません。

野球 合革グローブ 使える

合皮のグローブでも問題はありません。学年が小さい子にはおすすめします。ただ、合皮は型がつかないので、3年生くらいになってきたら牛皮のグローブをおすすめします。

ルールについて

野球のルールは複雑で難しいです。おそらく、他のスポーツに比べて格段に難しいのではないでしょうか?なぜこんなに難しいのかというと、100年以上続いてきた野球の歴史がその中に詰まっているからです。これだけ複雑なルールでも、つじつまのあわないことはないからすごいです。

少年軟式野球 ルール 守備手袋

少年野球に関して、また、一般の野球にしても、守備用の手袋に関する規定はなかったと思います。

少年野球 コーチ 審判

コーチの方も、ルールを覚える上でも、子どもたちに指導する上でも、練習試合でどしどし審判をしていただきたいです。ぼくは大阪府軟式野球協会認定の審判資格を持っていますが、大会の審判をしていて、ルールに関してとんでもない勘違いをしている監督やコーチがいらっしゃいます。試合が終わってから、ルールの説明をお願いされたこともありますし。間違ったルールを教えられて、間違ったプレーをしてしまう子どもがいたら、かわいそうです。

少年野球bチームホーム距離

Bクラスですね。学童のチームは、Dクラス(3年生以下)、Cクラス(4年生以下)、Bクラス(5年生以下)、Aクラス(6年生以下)のクラス分けがされています。クラスによって投本間の距離、塁間の距離が異なります。

  • Dクラス:投本間14m、塁間21m
  • Cクラス:投本間15m、塁間22m
  • Bクラス:投本間16m、塁間23m
  • Aクラス:投本間16m、塁間23m

BクラスとAクラスは同じです。

軟式野球 ピッチャー暴投ルール

ピッチャーが暴投しただけではインプレー(プレー中)ですから、もし、ランナーがいれば、危険を賭して先の塁へ進むことが可能です。ピッチャーが暴投をして、デッドライン(プロ野球でいえば、観客席やベンチ、カメラマン席など)を超えたら、タイムがかかり、ランナーは元いた塁から一つ進むことができます(テイク・ワン・ベース)。

1塁、または3塁へ牽制球が暴投になってデッドラインを超えたとき、ピッチャープレートを踏んだまま牽制球を投げたのなら、ランナーは元いた塁から一つ進むことができます(テイク・ワン・ベース)。ピッチャープレートを外して牽制球を投げた時は、ランナーは元いた塁から二つ進むことができます(テイク・ツー・ベース)。

野球 空振りしてボールデッド

打者が空振りしただけではボールデッドになりません。ボールデッドになる時は、打者に投球が当たった時です。投球を空振りして打者に当たった場合、タイムが宣告され、ボールデッドになってストライクが宣告されます。ランナーは進塁することはできません。

野球 線上 フェア ボールがかかったら

ボールが落下した時に、上から見てフェアラインに接触していたら、フェアです。ボールが落ちて地面がへこんだ位置がファールゾーンでも、ボールそのものが上から見てフェアラインに接触していたら、フェアです。

野球 ファーストのフォローは誰が行くか

ルールではないのですが・・・便宜上、こちらへ記載しました。

ファーストが前、または右方向へ打球を取りに行った時、1塁ベースが空いてしまいます。誰が1塁ベースに入りますか?という質問だと思いますが、通常は2塁手がベースカバーに入ります。ピッチャーが行くこともありますが、少年野球では、なかなか間に合うことがありませんw

軟式野球1シーム

ボールを握って「1シーム」になることはないのですが・・・

基本4シームだと思います。2シームのほうが投げやすければ、2シームで握らせていました。

チームについて

チームの数だけ個性もあり、問題もあり・・・

少年野球 コーチ 勝利至上主義

少年スポーツの目標は、勝つこと。目的ではありません。少年スポーツの目的は、少年・少女をスポーツを通じて健全に育成すること。スポーツをする中で、勝つ喜びを見出してもらえたらうれしいですが、勝つことが目的になると、子どもたちの育成にひずみが出てくると思います。

少年野球 チーム 弱い

チームによって、強いチーム、弱いチーム、それぞれあります。チームによって事情が異なるからです。強いチームには子どもが集まりやすいということはあるかもしれません。でも、必ずしも強いチームが素晴らしいということはないと思います。勝利至上で、子どもの都合を考えず、エラーをしただけで交代させられてしまうチームもあります。弱くても、指導者が人間味のある人で、子どもたちのことをよく見て下さるチームもあります。強い、弱いはあまり関係ないと思います。

うちのチームもそれほど強くないし・・・

少年野球 どこのチームがいいか

まずは、子どもが通える範囲の場所で練習をしているチーム。勝利至上でない、子どもの成長を優しく見守ってくれるチーム。指導者はもちろん、子どもたちも元気いっぱい挨拶をしてくれるチーム。道具をきちんと並べているチーム。

少年野球もろもろ

子どもたちと野球やっていると、いろいろなことがありますわ。

少年野球 あるある

練習中、なぜか子どもたちが、ぼくに「おしっこ行ってきてもいいですか?」と聞くんですよね。12年間コーチをしていましたが、結構な頻度でぼくに聞いてくるんです。最近入部してきた低学年の子で、あまり顔も知らない子も聞いてきたりしてたんですよね。密かにぼくは「おしっこ係」だったのではないかと思っています。

こども 野球好きになってほしい

その子その子で能力は違います。上達の早い子、あまり上達しない子、いろいろいます。でも、共通して思うのは、「野球」というスポーツを好きになってほしいということです。野球はチームプレー。一人ではできません。チームメートのことを考えてなければなりません。野球を通じて、社会で広く通用するような人間に育って欲しいです。

4歳 野球やりたい

チームで受け入れてくれるのは、小学校1年生からのところが多いと思います。うちの場合は、長男次男がチームに入っていたので、三男も3歳位から練習に一緒に来て、お兄ちゃんたちと一緒に走ったり、体操したり、手の開いているコーチにキャッチボールしてもらったりしていましたね。

そういう事情がなければ、なかなかチームで野球を、という訳にはいかないかもしれません。小学校1年生になるまで、お父さんがしっかり教えてあげるといいと思いますよ。そして、常日頃から「小学生になったらチームに入って野球をしようね」と言ってあげればいいと思います。お子さんのモチベーションを落とさないような心配りをしてあげて欲しいです。

小学生 野球 入る時期
五年生から少年野球
少年野球始める寒い季節はダメ?

チームに入って野球をするのは、3年生くらいからでいいのではないかと思っています。1年生、2年生の間は、家族で過ごす時間をしっかり持ったほうがいいかもしれません。もちろん、1年生から入っても、たまには練習を休んで、家族で出かける時間を作ればいいとも思います。

野球を始める時期に、早い、遅い、ということはないと思います。5年生くらいでチームに入っても大丈夫です。もちろん、他の子どもたちは、もっと早い時期から入っていますから、技術的になかなか追いつけないかもしれません。本人のやる気次第です。ぼくが今年見送った卒団生のエースは、4年生の夏前に入部してきました。入部した当時はキャッチボールもままならなかったですが、本人の努力もあって、5年生の終わりくらいからピッチャーをやり始めました。
本人次第ですね。

入部する季節は関係ないと思いますが、いきなり寒い時期に凍えながら練習するのもかわいそうなので、春になって暖かくなってからでもいいのではないでしょうか?

少年野球試合時の食事

試合当日のスケジュールも関係してきます。午前中に試合をして、午後からも別の場所で試合があるなどという時は、移動の車中で食事を取らなければならない時があります。そんな時は、「必ずおにぎりで」という指示がありました。時間に余裕が有るときは、遠足の時のお弁当と一緒でいいですよ。友だちとワイワイ言いながら食べるお弁当は楽しいものです。

ぼくも子どもたちの輪の中に入って、お弁当食べてましたし。

トイレ休憩なしで試合をする野球少年

学童の試合時間は長くて90分。試合前にトイレに行かせておけば、試合終了まで持つはずです。試合途中に「トイレ休憩」はありません。

去年の試合のことですが、毎回必ず試合前には子どもたちにトイレに行かせていたのですが、その時に限って、試合前にトイレに行かせるのを忘れていたんですね。試合が始まってしばらくしたら「コーチ、おしっこ!」と言い出して、攻撃中に10人ぐらいぞろぞろとベンチを抜けてトイレに行ったことがありました。格好悪かったですね。

なぜ挨拶は大事か。 野球

なぜ挨拶は大事か?それは、野球に限ったことではないですよね?日常生活でも挨拶は大切なことです。野球をやっている子は、野球だけできればいいのではありません。野球以外のこともしっかりできないと、いい野球はできません。野球少年・少女である前に、元気で礼儀正しい子どもであって欲しいです。

少年野球 道具 並べる 理由

これも挨拶と同じです。野球がうまい、試合に強いだけではダメです。野球の周りのこと、野球以外のことができてこその「野球」です。

道具をきちんと並べることで、次の練習に移りやすい、試合中なら、攻守交代が早くできる、という利点もあります。

少年野球 楽しいの?

ぼくがいたチームの子どもたちは、楽しそうに野球をしていましたよ。中には、スポーツをさせたい、体力をつけさせたい、という理由で、ご両親が勧めて始めた子もいるとは思います。チームの目的として、楽しく野球をする、ということがありましたから、子どもたちをくまなく様子を見て、声をかけてあげるということをしていました。みんな楽しくやっていると思いますよ。でないと、毎回練習に来ないですよね?

少年野球 やらせたくない 家族の時間

これは非常に難しい問題です。6年生になると試合数も増えて、なかなか休めない、休みづらいということが出てきます。そうなる前に、低学年の頃にに家族で過ごす時間をしっかりとっていただきたいのです。5年生、6年生になって辞めていく子の多くが、家族との時間が持てない、という理由で辞めていきます。うちの三男も結局その理由で6年生になる時にやめたのですが。

また子どもたちと野球やりたいです

先日、チームを退団したところなのですが、少年野球の記事を書いていると、子どもたちとの楽しかった時間を思い出して、また、子どもたちと野球をやりたいな、という気持ちになってきますね。

なんで、コーチやめたのかなぁ?わかんなくなってきたw

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

スポンサーリンク