【味・鍋・家】 2016年11月の #ぶろぐのぶ お題と作品

【味・鍋・家】 2016年11月の #ぶろぐのぶ お題と作品
さあ、今年も残すところあと2ヶ月となりました。みなさんお元気ですか?
#ぶろぐのぶ 主催のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)でございます。

毎月恒例になりました「#ぶろぐのぶ」。11月も先月同様、みんなで同じお題に取り組みたいと思います。

いままでのお題や作品などはこちらをご覧くださいませ。

落語の「三題噺」を参考に、3つのお題からブログの記事を書くという試みを、2016年6月から2017年2月末までやっていました。

「#ぶろぐのぶ」のルール

レギュラーメンバーとして、ぺこさん(@harapekokazoku)、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)が交代で「お題」を出題し、1月につき1本の記事を書きます。「参戦」してくださる方も同じお題で記事を書いてご自身のブログに投稿してください。

下記の項目を「ルール」として取り決めています。

  • お題は3つ、ぺこさん、または、さかのうえのまろが出題したものを使います。
  • 必ず3つのお題を記事の中で網羅することとします。
  • 記事のタイトルの最後にハッシュタグとして「#ぶろぐのぶ」といれて、TwitterなどのSNSで検索しやすくしてください。

ルールはこの3つだけです。

記事の締め切りは11月末までとします。11月末までに投稿していただいた記事(作品)は、こちらの記事で紹介させていただきます。

2016年11月のお題

11月のお題はぼくの担当です。

「味」「鍋」「家」

です。

寒くなってきましたからねぇ。を食べたいですねぇ。各ご庭で独自のがあると思います。

だからといって、そのまんま記事にしても、面白いか面白くないか。

そのへんはみなさん考えてね(´∀`*)ウフフ

作品紹介

11月のお題、「味」「鍋」「家」の作品の紹介です。

私の妄想の鍋パーティーに招待しよう #ぶろぐのぶ

今回は、「#ぶろぐのぶ」というお題に沿った記事を書きました!11月は「鍋・家・味」です^^

いきなり、真打ち登場!

最近友だちになってくれはった橘右近さん(@UconT_Y)の作品です。内容が難しいので、ご本人からのメッセージを掲載いたします。

右近さん、ぼくは「先生」ではありませんから(*_*)

あったまろ〜。うちの豚しゃぶ&鶏つくねのお鍋 #ぶろぐのぶ

URLhttp://www.yururimaaruku.com/entry/butasyabu-toritsukune-nabe

ゆるりまあるく」というブログを運営していらっしゃるなごみさん(@yururimaaruku)の作品です。

鍋料理は家族の団欒になくてはならないアイテム。旦那さんが鍋料理が好きなんですね。

具材のアイデアはもちろん、翌日に残ってしまったときの活用法も素晴らしいです。

最後まで具材の旨味と栄養をしっかりと採って無駄にしない。大切なことですね。

なごみさん独特の柔らかい文体も大好きです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

夢を食べて生きている #ぶろぐのぶ

  twitterでの月1企画「#ぶろぐのぶ」 さかのうえのまろさんと私で交互にお題を出し合い、同じお題で記事を書き感性の違いを楽しもうという趣旨です。 【味・鍋・家】 2016年11月の #ぶろぐのぶ お題と作品   今月11月は、まろさんが考えたお題「味」「鍋」「家」を使って書きます。今月はありがたいことにライター...

レギュラースタッフ、ぺこ(@harapekokazoku )さんの作品です。

読むたびに深く、読むたびに洗練されて行く彼女の作品。

うーむ、とうなってしまいました。お腹が痛いわけではありませんよ。

「夢を食べる」おまえ、バクかよ?(・ω・)とツッコミを入れる間も無く展開される文脈。

依頼を受けた仕事、お客さんとのベクトルが同じ方向を向いてないとなかなか難しいですわ。

新米とはいえ、断る勇気もないとあかんと思うんですよ。何でもかんでも受ければええというもんではない。

例のWELQの騒動もあって、「文」の重みをもっと感じなあかんと思った今日この頃です。

家族で鍋を囲んで思い出にひたるひとときが愛おしくて #ぶろぐのぶ

家族で鍋を囲んで思い出にひたるひとときが愛おしくて #ぶろぐのぶ
全国1億2千万の鍋料理ファンのみなさん、こんにちは。寒くなってきて鍋がおいしい季節になりましたね。鍋料理は馬路村のポン酢でたべたいさかの...

わたくし、さかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)の作品です。

なかなか夕飯時の家族が揃うことも少なくなってきたのですが、休日たまに家族で鍋を囲みながら、昔話をすることが多くなってきました。

そんな話の中で出てきた昔のつらかった息子たちの思い出を振り返ってみました。

記事は随時更新します。

記事を書いたよ、って方はご連絡ください。Twitterで連絡くださってもいいし、お問い合わせからもご連絡ください。

Twitterで「#ぶろぐのぶ」で検索して見つけた記事は、こちらに掲載させていただきます。

では、「#ぶろぐのぶ」でお会いしましょう。ほなまた、みなさん、ごきげんようヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク