女の子を口説くような情熱でカレーを作ってみる #情熱男子カレー

シェアしていただけるとうれしいです

カレー

カレーライス。

ちょっと洒落て「ライスカレー」ともいうけど、ここでは「カレーライス」。

カレーライスの歴史は明治時代に遡る。

司馬遼太郎の「坂の上の雲」で、日本海海戦前に司令艦の「戦艦三笠」の中で、司令官たちに「ライスカレー」が供される場面が出てくるから、日露戦争頃には我々日本人も広く一般に「カレーライス」(ややこしいな)を食べていたのではないだろうか?

どうやら「カレーライス」は英国から入って来たらしい。

英国は、今でこそヨーロッパの小国でEUを形成する一国(抜け出したいらしいけど)に成り下がったが、当時の英国は最先進国であり、七つの海を制覇する海軍国でもあった。

明治維新を経て欧米列強に肩を並べたかったアジアの田舎者の我が国は、海軍力を増強すべく、なけなしの国家予算を英国に支払い、英国に習って海軍を育てた。

どうやら、そのときに「カレーライス」も英国から伝わったらしい。

そもそも「カレー」と呼ばれる料理は、今のインドを中心とする南アジアで広く食されており、その形態は、我々日本人が食する「カレーライス」とはやや異なる。

様々なスパイスを使い、肉や魚、野菜を調理したものが、広く一般に「カレー」と呼ばれているようだ。

インドカレー

日露戦争当時、今のパキスタン、インド、バングラデシュは「英領インド」として、英国の植民地であった。

「英領インド」にやって来た英国人が現地の「カレー」を英国風に仕立てたものが、海軍技術とともに日本に伝わり、それが「カレーライス(ライスカレー)」として、日本人の間に広まったらしい。

日本食といえば、肉じゃがをはじめとする「煮物」。

日本の「カレーライス」も「煮物」料理だから、「スパイシーな煮物料理」として、持ち前の応用力をもってして、我々日本人は南アジアのスパイシーな「カレー」を日本食に取り入れたに違いない。

事実、「今晩のおかずは肉じゃがね」と会社に送り出されたにもかかわらず、帰宅すると「カレーライスになっちゃったテヘペロ」などということが多々ある。

「カレーライス」は「煮物料理」として日本食に取り入れられ、「家庭の味」として我々日本人は受け入れて来た。今や「カレーライス」は「日本食」と言っても良いであろう。

スポンサーリンク

女の子を口説くような情熱でカレーを作ってみる

カレーライス

日本人なら、子どもからお年寄りまでみんな大好き「カレーライス」。

子どもの好きなおかずのベスト5に必ず入ってくる。給食のおかずは不味くて嫌いだったが、カレーのときは好んで食べたという御仁も多いはず。

「今晩のおかずはカレーライス」と聞けば、なんとなくうれしく、つらい仕事も乗り切れそうな気分になってくる。

「カレーライスは母の味」とも言われるが、そこをあえてオヤジが作ると「女の子を口説くような情熱」が必要になる。

いや、違う。

普通に作れば普通に「カレーライス」が出来上がるが、「女の子を口説くような情熱」をプラスすることで、情熱的にうまい、「お母ちゃんのカレーライス」とは異なる「オヤジのカレーライス」が出来上がるのだ。

世の中のオヤジ諸氏、思い出してみてほしい。「女の子を口説くような情熱」を。

恋い焦がれる女の子を自分に振り向かせようとするときの情熱を。

幾度も玉砕したであろう。幾度も道半ばで息絶えたであろう。幾多の自分のしかばねを乗り越えて、我々はオトコとして成長してきた。

あのときの反省を踏まえると、我々に足りなかったのは「耐える力」ではなかったか?

恋い焦がれるあまりに好きな女の子に直接的にアタックしても、無駄に情熱を使い果たし、討ち死にするだけではなかったか?

ここはじっと絶えて、スライスしたタマネギをじっくりとフライパンで炒めてほしい。
タマネギを炒める
恋の炎をメラメラ燃やすが如く、強火で一気に情熱を燃やし尽くすのではなく、女の子をじらすが如く、じっくりとトロ火で時間をかけて炒めてほしい。
トロ火
フライパンの中で木べらを使って絶えずタマネギをかき混ぜながら、じっくりと時間をかけて炒めるのだ。

決して焦って強火にしてはならない。

ときに強火が必要なときもある。中華鍋を振るときだ。しかし、大半の料理では強火はさほど必要ではない。強火で中華鍋を振るのは、意中の女の子を口説いてからでも遅くはない。

時間にして1時間。タマネギがキツネ色になるまで、じっくりとトロ火で炒めてほしい。その努力が必ずあとで身を結ぶ。

焦げないようにタマネギを炒める

しかしまあなんですが、「キツネ色」などと軽々しく口にするものの、キツネって見たことある?ぼくは北海道で「キタキツネ」を見たことあるけどね。

おのおの、頭の片隅の記憶をたどって、タマネギがキツネ色になるまで炒めてほしい。

いや、ちょっと待て。「タマネギが『飴色』になるまで炒める」という表現も見たことあるぞ?
飴色ってどんな色だ?

混乱するので「キツネ色」でいい。各自が「キツネ色だ」と主張する色になるまで炒めればいい。

タマネギを炒めながら考えるのは、むかし振られたあの子のことだ。

意地を張らずにじっくりとタマネギを炒めておけばいいものを、ちょっといいカッコしようとして強火で中華鍋を振るものだから、タマネギが焦げてしまったあの子のこと。

今ならじっくりとタマネギを炒めることができるのに。

と思いながら炒めていると、あっという間にタマネギもキツネ色になってくるものだ。

キツネ色になったタマネギは、とりあえず、熱くなった気持ちを少し冷ますために、器に移しておこう。

タマネギを炒めたん

てか、そのフライパン、あとで使うから洗いたいねん。

さて、カレーライスの具として一般的なのは、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ。

ここで問題になるのは、野菜の大きさ。

野菜がゴロゴロ残っているのが好きなのであれば、大きめに切るのがよろしい。ジャガイモは煮崩れしにくい「メークイン」などの品種を使うべきであろう。

いや、カレーのルウに野菜ゴロゴロは不要である、ルウに野菜が溶けてしまっている方が良い、という御仁には、野菜は小さめに切ることをお勧めする。

その辺のこだわりは、各自確固たる信念を貫いてほしい。たとえ意中の女の子を口説くと言っても、信念のないオトコに女の子は振り向いてくれるはずもない。

最悪なのは、中途半端に煮崩れたジャガイモやニンジン、ヒョロヒョロのクタクタになったタマネギが残ってしまった信念のないカレーだ。

そういうカレーは、女の子に嫌われるばかりか、人としてどうかと思う。2日目のカレーなら致し方ないが、作品として意中の女の子に食べてもらうカレーとして甚だいただけない。

今回は、野菜の食感も楽しみたいので、かなり大きめに切りそろえた。

野菜は大きめに切りそろえた

鍋にオリーブオイルをしき、野菜を炒める。少ししんなりしてきたら、規定量の水を加えて、強火で煮込む。

さて、肉はどうする?

肉も好き好きであろう。大阪をはじめとする関西圏であれば、「肉」と言えば「牛肉」のことである。東京であれば「豚肉」か。

今回、我が家に用意されたのは、「鶏肉」。

おそらく、カレー発祥の地、南アジアの人たちに敬意を表したいということだと思われる。

今のパキスタン、インド、バングラデシュは、第二次大戦後、英国から独立し、インドとして建国された。新生インドの主要な宗教は、国の東部と西部がイスラム教、真ん中がヒンドゥー教だった。程なく、西と東のイスラム教の地域がインドから独立し、パキスタンになった。

パキスタンはインドを挟み、東西パキスタンになったが、

同じ国やのに東西に分かれてるのは不便やん(´・ω・`)

ということで、東パキスタンがバングラデシュに、西パキスタンがパキスタンになったわけだ。

イスラム教徒が多いパキスタンとバングラデシュは豚肉を食べない。

一方、ヒンドゥー教徒が多いインドは牛肉を食べない。

そこで、今回は、インド、パキスタン、バングラデシュの各国に敬意を表して、「鶏肉」を使用したい。鶏肉は、チキンカレー、タンドリーチキンとして、イスラム教徒もヒンドゥー教徒も食する。

そんな雑学は女の子を口説くのには不要だという御仁。分かっておらんようだな。

女の子を口説くには、情熱とともに、話題豊富なオトコを演じるための雑学は必須だ。

雑学の引き出しは、多ければ多いほど良いのだ。

この辺の「雑学」は不確かなので、正確な情報が必要な人は、ちゃんと調べてね。

さて、鶏肉。今回用意されたのは、もも肉。

使用する少し前に冷蔵庫から出しておき、室温になじませておくのは、オトコとしての礼儀、いや、常識であろう。

まな板の上に皮の部分を下にして広げ、ていねいにスジを取り除く。この工程をするかしないかで、オトコの価値が決まると言って過言ではない。

煮上がった鶏肉の食感が全く違うのだ。

そういう細かな芸当ができぬ御仁は、意中の女の子を目前にして討ち死にするがよい。

スジを取り除いた鶏肉は、一口大に切って、軽く塩・コショウを振っておく。もちろん、クレイジーソルトを使ってもよい。

フライパンにオリーブオイルをしき、皮の方から焼く。鶏肉は皮から焼くと、我が家では先祖代々伝わっておる。

鶏肉を焼く

ちなみに、川魚も皮から焼く。海の魚は身から焼く。覚えておくとよい。女の子に自慢できるであろう。

鶏肉に軽く焼き目がついたら、肉汁ごと、沸騰している鍋に入れる。さっき炒めたキツネ色のタマネギも入れる。

鶏肉とタマネギを鍋に入れる

あとは、浮いてくる余分な脂、灰汁を取り除きながら30分ほど煮込むのだ。

「灰汁も出汁のうち」などとうそぶいてはならない。ここでていねいに灰汁を取り除くことで仕上がりが変わってくる。

できるオトコは気遣いもできるものだ。

仮に意中の女の子と臭い仲になって王将へ餃子を食べに行ったとしよう。

さりげなく小皿をとり、餃子のタレを入れるのは君の役目だ。割り箸も彼女に取らせてはならない。

食事が終わって帰ろうとするときに、彼女はお手洗いに行くであろう。

まろ
あー食った食ったヽ(´ー`)
通りすがり
何をのんびりしているん?お代金を払いに行かんかい!

できるオトコは細心の気を使い、女の子に気を使わせないものだ。

灰汁取りもそれと同じ。細心の気を使い灰汁を取り、食べる者に残念な思いをさせてはならないのだ。

30分ほど煮込んで火を止める。カレーのルウを鍋に割り入れ、よく混ぜてルウを溶かすのだ。

何故、鍋の火を止めるのか?

知らん。ルウの箱にそう書いてある。不審に思うなら、家に帰って箱を見るがいい。

あとはトロ火でさらに煮込み、お好みのとろみ加減になるまで待つのみだ。

ご苦労であった。

カレー

家族も大好き、カレーライス

家族が揃って食べるカレーライス。

「おいしい!」と言って食べてくれる家族の顔を眺めながら、意中のあの子ならなんと言って食べてくれたか思いをはせる。

ときにオトコは目に涙を浮かべながら、カレーをほうばるのだ。

あれ?パパ、泣いてるん?

タマネギを切るときに目にしみただけだ

タマネギを切ったのは、いったい何時間前のことであったか。そんなことはどうでもいい。

家族揃ってぼくが作ったカレーライスを食べることがうれしいのだ。

追記

「女の子を口説くような情熱でカレーを作ってみる」ためのレシピを書きました。

お父さんのための簡単おいしい情熱カレーの作り方
みんな大好きカレーライス。小さいお子さんからお年寄りまで、カレーライスって幅広く根強い人気がありますよね?もともと「カレー」はイギリスから伝わったらしいので、料理のジャンルとしては「洋食」になると思うんですよ。街の洋食屋さんに行ったらカレー

追記:2

みなさんご自慢のカレーのレシピをブログの記事にして見せ合いませんか?きっと楽しいと思いますよ!

記事のタイトルの後ろに

#情熱男子カレー

と入れて、Twitterに投稿してください。
もちろん、女子もね。

待ってま〜すヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

スポンサーリンク