ブログを確実に運営する方法

シェアしていただけるとうれしいです

ブログをメンテナンスする

みなさん、こんにちは。週末Web随筆家のさかのうえのまろ(@sakanoueno_maro)です。

今日も元気にブログを運営してますか?

ブログの運営、というと、記事を書いて投稿したり、デザインをカスタマイズしたり、ということに目が向きがちです。

そういう「華やかな」表の部分はもちろん、大切です。

記事やデザインなくしてブログはありえませんから。

でも、実は裏の部分で大切なこともあります。それは、

  • ブログの振り返り
  • ブログのメンテナンス

です。

ブログの振り返りについては、以前、記事にしてます。

ブログ運営報告を書こう
ブログ運営報告を書こう
全国1億2千万人のブログ書きのみなさん、こんにちは。楽しくブログを運営していますか?「まろろぐ」運営責任者のさかのうえのまろ(@saka...

「ブログの運営報告の記事を書いてみませんか?」という提案をさせていただきました。

この記事の中で触れていますが、過去の自分の記事を振り返り、今後のブログの運営に活かすことは、とても有意義なことです。

さらっとしか内容を書いていないので、今回の記事ではもう少し掘り下げて、どんなことを具体的にしているのかを紹介します。

ブログは記事を書かないことには成長しないのですが、順調に成長させるために必要なことがもうひとつあります。

ブログのメンテナンスです。

ブログを書いていて遭遇したくないのは、トラブル。いちばん怖いのは、今まで書きためた記事のデータを失ってしまうこと。

そんな悲劇的な出来事に遭遇しないためにはどうすればいいのかということを書いてみます。

このメンテナンスはぼくが実際に行なっていることなので、みなさんにもやってほしいと思います。

スポンサーリンク

ブログの振り返り

たいてい、毎週日曜日の午前中に行なっています。日曜日に出かけるときは、一週飛ばすこともあります。子育て終盤のパパなので、子どもたちからも解放され、日曜日の午前中はたいがい自宅に引きこもっています。

まろ
気楽なもんよヽ(´ー`)

1週間のPVを確認する

PVを集計する期間は別に1か月でもいいのですが、大の月、小の月で日数が違うため、今月と先月とで比較の対象になりにくいのかな?と思いまして。

細かいことを言うようですが。

それに、集計する期間が長いと、先月の初めに何やってたか忘れてますよね、たぶん。

1週間は7日って決まってますし、それに、1週間であれば週の初めに何やってたか思い出せますでしょ?

ということで、ぼくの場合は1週間を集計期間としてPVを計測しています。

日曜日が休みなので、「前週の日曜日〜前日の土曜日」で集計してますが、その辺はみなさんのお仕事の都合に合わせていただければ、と思います。

Google Analyticsを開いて、画面右上の集計期間を前の週にします。それで、プロパティを開いて、設定した期間のPV数を確認します。

Google Analyticsを開いて、画面右上の集計期間を前の週にします。

ぼくの場合は「まろろぐ」「まろらぼ」「まろくっく」と、3つのブログを運営していて、各ブログを同じアカウントで管理し、プロパティで分けています。こうすることで、3つのブログを総合しても分割しても、集計、計測することができます。

確認したPV数は、Excelにポチポチと入力します。

A列の日付は週の始まりの日付、B列がPV数です。

A列の日付は週の始まりの日付、B列がPV数です。

入力した値は「グラフ」として表示するようにしています。

入力した値は「グラフ」として表示するようにしています。

まろ
PV数は内緒だからねσ^_^;

グラフをマウスの右ボタンで選択してクリップボードにコピーします。ペイントなどのお絵かきソフトに貼り付けて、「名前をつけて保存」すれば、グラフを画像として保存することができます。

グラフをマウスの右ボタンで選択してクリップボードにコピーします。

グラフをマウスの右ボタンで選択してクリップボードにコピーします。

ペイントに貼り付け

Ctrl + Vでペイントに貼り付け。

名前をつけて保存します。

名前をつけて保存します。

こうしてグラフにすることで、ブログ全体、個々のブログのPV数の動向がよくわかるようになりますね。

「運営報告」の記事で公開しているPVの遷移のグラフは、このグラフを使っています。

運営報告 | まろろぐ
「運営報告」の記事一覧です。

個別の記事のPVの集計

ブログ全体のPV数を集計することで、自分のブログの成長をつぶさに見て感じることができますが、最近注目しているのが「個別の記事のPV数」。

ある程度長くブログを続けていると、ある特定の記事にアクセスが集まることがあります。

そういう「特定の」記事のPV数を追うことで見えてくることもあるように思います。

ぼくの場合は、こちらの「餃子」の記事。

簡単おいしい!白菜の餃子の作り方
焼き餃子の主材料として使われることが多いのは、キャベツ、白菜。ぼくはキャベツは使わずに白菜を使います。昔はキャベツにしてみたり、白菜と半々にしてみたり、いろいろ試行錯誤したのですが、最終的に白菜のみに落ち着きました。キャベツよりも白菜の方が肉の旨みを吸いやすいような気がします。食べた時の感触も白菜の方が上です。肉は豚ミ...

特にSEOなんか気にせずに書いたのですが、気がついたら「おいしい餃子の作り方」なんてキーワードで検索すると1ページ目に入ってきてまして。

このページを特定してPVを集計して動向を追跡しています。

Analyticsの「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の検索窓のところにページのURLの一部(ファイル名やディレクトリ名、ぼくの餃子の記事なら『post-4266』)を入れて検索すると、特定の記事のPV数が集計できます。

URLの一部を入れて検索

URLの一部を入れて検索

Googleでの検索順位やPV数を見ながら、少しだけSEOを意識して、記事をリライトしています。

こんな風にしていると

まろ
なんか「ブログ」を運営してるぜ!

って、楽しくなってきます。

それと、このグラフを見ることで「餃子は夏にビールを飲みながら食べるものだけではない」ということを知ることができました。

このグラフを見ることで「餃子は夏にビールを飲みながら食べるものだけではない」ということを知ることができました。

すごいね。

本当であれば、直帰率離脱率などの数値も検証した方がいいのでしょうが、スキルがそこまで追いついていませんσ^_^;

Search Consoleを確認する

GoogleのSearch Console、略して『サチコ』。

毎日確認するのがいいのかもしれませんが、なかなか大変なので、Analyticsを確認するときに一緒に確認しています。

主に確認する箇所は、

  • クロールエラー
  • 検索アナリティクス
  • サイトマップ

です。

クロールエラー

単に、記事を削除してページが見つからないだけなら放置すればいいのですが、エラーが出てGoogleのクローラーがクロールできないよ!って言ってることもあります。

クロールエラー

どのURLでエラーが出ているのか確認し、削除したページなら「確認済み」にして放置してもいいです。

どのURLでエラーが出ているのか確認し、削除したページなら「確認済み」にして放置してもいいです。

全部、削除または別のブログに移動した記事です。

Googleのクローラーが「実はこんなページもあるんじゃない?」って、変に気を利かせてくれてクロールしてくれていることもあるようです。「モバイル用のページが別にあるんじゃないの?」って感じで。

そういった「存在しないのにクローラーが気を利かせてクロールしたページ」も「見つかりません」になりますから、「確認済み」にして放置してOKです。

問題は、あるはずなのに「見つかりません」とか、500エラー503エラーになっている場合です。

読まれる機会を損失しているわけなので、対処しないといけません。具体的対応は個別になるので、ここでは省略しますね。

検索アナリティクス

どのようなキーワードでどのくらい検索されたか、検索結果に表示されたか、実際にクリックされてページが見られたか分かります。

検索アナリティクス

先ほどの「餃子の記事」みたいに、検索されたい、たくさん読まれたい、という記事をリライトするのに役立ちますね。

サイトマップ

ぼくのブログには「Google XML Sitemaps」というプラグインをインストールして、記事を投稿すると自動的にsitemap.xmlを更新してGoogleに伝えるようにしています。

sitemap.xmlというのは、Googleさんなどの検索サイトに「記事を追加しましたよ、更新しましたよ」とお知らせするためのファイルです。クローラーはこのファイルを見て、効率よくサイト(ブログ)をクロールしてくれるわけです。

サイトマップの確認

ただ、ここの数値、すぐに更新されるわけではないようです。「Googleインデックス」→「インデックスステータス」のところの数字が、自分のブログの記事数よりも大きければ大丈夫です。

インデックスに登録されたページの総数

ブログのメンテナンス

ブログのメンテナンスの目的は、ブログが正常に動作するように保持することと、事故に備えてブログのデータをバックアップすることです。

ブログが正常に動作するように保持する

WordPressはPHPというプログラム言語で書かれた「ソフトウエア」です。人間が作ったものなので不具合があることもあります。

また、使い勝手を向上させたり、新しい機能が追加されることがあります。

いわゆる「バージョンアップ」というやつですね。

WordPressの細かいバージョンアップは、通常、自動的に行われます。行われたな、ということを確認すればいいです。

メジャーバージョンアップ」といって、大きなバージョンアップは自動的に行われないので、自分で行う必要があります。

あと、WordPress本体以外にも、プラグインやテーマもバージョンアップされます。これらもPHPで作られた「プログラム」ですので、バージョンアップすることが望ましいです。

WordPress本体、プラグイン、テーマは、できるだけ最新のバージョンを使うことをお勧めします。

単なる不具合ならいいのですが、『脆弱性』と言われる不具合を含む場合があります。

WordPressのプログラムの不具合を突いて、悪意を持った第三者に知らないうちにブログに侵入され、インターネットを使って他のサーバーを攻撃するための足がかりになるような不正なプログラムを仕込まれたり、ブログの記事を閲覧するとウイルスがダウンロードされるようにされたりすることもあります。

知らないうちに攻撃に加担していた、他の人に迷惑をかけていた、なんてこともありますので、できる限り早めにバージョンアップしましょう。

WordPressのバージョンアップの必要性〜そのバージョンで大丈夫ですか?
WordPressのバージョンアップ昨日、WordPress 4.2.3がリリースされましたね。今回のバージョンアップは、複数の脆弱性を修正するものだそうです。2015年7月28日時点の記事です。脆弱性?それ、おいしいの?贅肉ではありません

WordPress本体、プラグイン、テーマのバージョンアップ中は「メンテナンス中」の表示になりますから、できる限りアクセスの少ない時間帯にするのがいいですね。

夜中に起きてやるのは眠たいので、比較的アクセスの少ない日曜日の午前中にやってます。

ブログのデータをバックアップする

まろ
ぼくの借りてるサーバーは信頼性抜群だぜ!

確かにそうなのですが、かつて、人為的なミスで、レンタルサーバーのすべてのデータを失うという事故がありました。

レンタルサーバー業者の担当者の操作ミスで、サーバーの中の顧客から預かっているデータがなくなってしまったのです。

人間は「間違える動物」ですから、いくら信頼性の高いサーバーであっても、操作する人間がミスしてデータを失うということも想定しておかなければなりません。

当然、自分の操作ミスもあり得ます。

寝ぼけて記事をゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にしてしまった!

なんてこともあるかもしれません。

仮にそういうことがあったもしても、データをバックアップしておけば、元に戻すことは簡単です。

WordPressで運用されているブログのデータは、大きく分けて次の2つです。

  • データベースに保存されているデータ
  • ファイルとして保存されているデータ

この2つをバックアップしておけば、事故があっても元に戻すことができます。

少し古い記事ですが、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

[WordPress]ブログのバックアップを取ろう
デジタルデータは脆いです。一瞬にしてデータを失いかねません。もし今使っているPCのハードディスクが壊れたら。もし今使っているスマホを水没させてしまったら。長年ためてきた大切なデータ、家族や友達との写真が一瞬にして失われてしまいます。Word

もし事故に遭ったとしたら、WordPressは最初からインストールするとして、

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
    • プラグインのファイル
    • テーマ(子テーマを含む)のファイル
    • 画像などのメディアファイル

これだけあれば、ブログを復元できます。

もちろん、元に戻せるのは最終のバックアップ時点までです。

データのバックアップ中でもブログは閲覧できますし、サーバーにそれほど負担もかけないので、いつ行っても大丈夫です。

ルーチンワークとして、日曜日の午前中に、すべての作業のついでに行っています。

まろ
こちら、ぼくの痛恨の思い出です。ご査収くださいませ。
[WordPress]痛恨!データベースを消してしまった!
phpMyAdminというツールがあります。WordPressで使われているMySQLというデータベースの管理をWebで行えるツールです。ブログに投稿したデータはMySQLのデータベースに蓄積されていきます。WordPressでブログを運営

ブログの運営報告の参考にしていただければ

ブログを書く「ブロガー」は、単にブログの記事を書く人だけという役割だけではなく、「ブログ」というWebサイトを運営する「Webサイト運営者」という役割も持っています。

自分のサイトを成長させるため、守るため、日々少しでも気にかけたいものです。

ぼくが毎週やっていることを紹介しました。みなさんの参考になればうれしいですし、「もっといい方法があるよ」ということがあれば、教えていただけると幸いです。

ほなまたみなさん、ごきげんよう。
さいなら〜ヽ(´ー`)

WEBのシステムを作ったり保守したりするSE/プログラマというものをしています。

ブログやってますがブロガーではありません。週末WEB随筆家です。
まろと呼んでください。

スポンサーリンク

シェアしていただけるとうれしいです

フォローよろしくお願いします

スポンサーリンク